大阪で飲食店のメニュー・販促物の制作は
「おいしいデザイン.com」

大阪で飲食店のメニュー・販促物の制作は「おいしいデザイン.com」 お問い合わせ電話番号 0120-960-103

(お電話受付:平日10時〜19時)

販促企画の考え方2017年01月12日

一口に「販促」と言っても「チラシをまく」「フリーペーパーや雑誌の広告枠を使う」「メールを配信する」など種類や手段は様々です。最近ではSNSをはじめとしたネットでの販促も加わり、まさに玉石混交。「媒体は一体何を使えば反響が出るんだろう?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
しかしまず悩むべきところは宣伝の方法ではありません。媒体を選ぶのは最後の最後でも十分なのです。集客にもっとも大切なのは「販促企画」。何を目玉として来店していただくかです。そこで今回は「販促企画」の考え方をお話ししたいと思います。

様々な販促がありますが、目的はひとつ「売上を伸ばす」ことですよね。ではまず「新規顧客獲得」を目標として次の2つを整理してみましょう。

(1)ターゲット
ターゲットを考えるときに重要なことは「ある程度狙いを絞る」ことです。例えば「30〜40代の主婦層」「ファミリー」「リピーターの囲い込み」「学生」「20〜30代の男性サラリーマン」など。できればみんなに来て欲しい!という気持ちはわかりますが、販促は矢と同じで、ある程度尖っていないと意中の相手にはささりません。ただし尖らせすぎると販促の矢が折れてしまい不発に終わるので注意が必要です。今回は「30〜40代の主婦層」をターゲットの例に据えてみます。

(2)特典
これが販促企画の肝です。特典は可能な限りフルスイングしてください。中途半端なスイングではホームランはおろか、ヒットすら打てません。例えば「10%OFF」「ドリンク1杯無料」くらいの特典クーポンをつけたチラシをまいたとしましょう。おそらくクーポンを持ってくるお客様は、ほぼほぼ常連のお客様でしょう。これでは新規顧客獲得には繋がりません。

ではどれくらいの特典が必要か。割引を行うなら最低でも30%OFF以上の特典が必須です。自分が知らないお店に行くときのこと想像してみてください。10%くらいの割引ではそう簡単には動かないはずです。30%〜50%の割引であれば「行ったことない店だけど試しに行ってみようかな」となりませんか?
そして先ほどターゲットに絞った「30〜40代の主婦層」を意識した特典として「デザートプレゼント」や「ランチタイムコーヒー紅茶サービス」などを盛り込み販促の精度を高めましょう。ターゲットである女性が広告を見たときに「あなたは今お得ですよ」ということがより鮮明に伝わるようになります。

もちろん業態や地域によって差異はありますが「30〜40代の主婦層」向け「30%OFF」「デザートプレゼント」「ランチタイムコーヒー紅茶サービス」の特典という、かなり高い確率で反響をとれる販促企画になってきましたね。

そしてここまで整理できてはじめて「媒体は何が最適か?」という話になるわけです。今回はターゲットが「30〜40代の主婦層」なので新聞折込チラシがおすすめです。もしくは地域密着型のフリーペーパーなどもエリアによっては反響が出やすいでしょう。

いずれにせよ「ターゲット/30〜40代の主婦層」「特典/30%OFF、デザートプレゼント、ランチタイムコーヒー紅茶サービス」という「販促企画」がしっかりしていれば、おのずと使う媒体は見えやすくなってくると思います。

「絶対に反響の出る媒体」など存在しません。どんな人気雑誌に掲載されたからといって、客足が増えるのは一瞬です。販促に特効薬なし。集客に必要なのはしっかり計算された骨太な販促企画なのです。

企画だけではなくデザインやエリア、そして時期など、販促にはその他にも要素はたくさんあります。おいしいデザイン.comではトータルにご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

大阪で飲食店のメニュー・販促物の制作は「おいしいデザイン.com」 TOPへ大阪で飲食店のメニュー・販促物の制作は「おいしいデザイン.com」 TOPへ